トレーサーにスリーパークラッチを装着

お客様からのご依頼でトレーサーにスリーパークラッチを装着しました。

前期モデルのトレーサーにはスリーパークラッチは装備されていないので

なんとか取り付けをして欲しいとのご依頼で今回作業させていただきました。

ロビンさんがまたまたスプリングマンとの死闘を繰り広げています。

スプリングや、クラッチプレートの交換が必要になります。

スプリングの長さや太さも全然違いますね。

そしてもっとも肝になる部分がこのクラッチボスです。

このボスを交換することによって半クラッチ状態を作り出しスリーパークラッチとして機能します。

そして車両側にクラッチを組み込んで完成です。

試乗させてもらいましたが、ちゃんとスリーパークラッチとして機能していて一安心です。

部品代は28000円くらいで工賃は10000円位です。作業はエンジンオイルも抜けて来ないので

上記の金額でスリーパークラッチが手に入るのは純正流用ならではのリーズナブル価格です。

トレーサーにスリーパークラッチを装着したいという方は是非ご相談下さい。

但し、この改造を行うとメーカー補償がクラッチの部分では受けられなくなります。

実質前期モデルは2年以上経過していてメーカー保証も切れているので平気とは思いますが

ご確認の上ご依頼頂けると助かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA