念願のハザードランプGET

今までの歴代R1は逆輸入車のためにハザードランプが装着されていませんでした。{%泣くwebry%}
今回二代目のR1にしてようやくハザードランプを手に入れました。

画像

左側のスイッチボックスに取り付いていないので走行中は操作しにくいかもしれませんが
今まではなかったので、ツーリング中に路肩に駐車したい時などは左ウィンカーを点けるだけなので
後続車に分かり難い状態でした。
これではっきりと後続車に意思表示できるようになりました。{%万歳webry%}{%万歳webry%}
しかし、取り付けしてみるとやや問題が{%最悪webry%}
なんとクラッチワイヤーが届かないのです{%げっそりwebry%}{%げっそりwebry%}{%げっそりwebry%}
どうやら国内モデルと長さが違うようです。
仕方がないので取り回しを変更して取り付け完了です。
スイッチとステーで3000弱の出費だったので、更にワイヤーで3000円以上の出費は
スイッチの取り付けだけにできないので今回はここまでで終了です。
ハザードスイッチを取り付けしたい方、この方法なら工賃と部品代合わせて5000円くらいで
作業できそうです。お気軽にお問い合わせください。

念願のハザードランプGET” に対して 2 件のコメントがあります

  1. ペコ より:

    初めまして。記事拝見させていただきました。
    ハザードスイッチ取り付けにてネットで検索を掛けていたところ目に留まりました。
    私の所有しているR1も逆車なのですが、純正スイッチを手に入れれば、配線はポン付けが可能なのでしょうか(接続用の空きカプラーがあるのでしょうか?)?
    もしくはスイッチのカプラーに合うようにハーネスの配線加工が必要なのでしょうか?
    ご教授いただけましたら幸いでございます。

  2. K'sB より:

    お返事遅くなりました。
    まず、上記ブログにも書いてありますがワイヤーが取り回しがきつくなります。
    配線は純正の左側のスイッチに割り込ます形で取り付けます。
    そんなに難しくは無いと思います。同じ色の所に割り込ますだけです。
    頑張ってみてください。どうしてもダメなら当店でも部品取り寄せ、取り付け可能です。{%笑いwebry%}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA