YZF-R25をサーキット仕様に 2

今週のサーキット走行に向けてまたまた新たなパーツ投入です。{%力仕事webry%}
キタコの速度変換キットです。
スプロケットの歯数を変更するとスプロケットの回転数で速度を測定しているために
スピードメーターの表示が狂ってしまいます。{%下降webry%}
そこでこのキットを取り付けします。

画像

これでスプロケットの分とタイヤの外径の狂いを調整してくれます。
本日、帰宅の際に試してみましたが基準となるものが無いので判断は難しいですが
おそらくはなんとなく合っている気がします。
前回はスプロケットの変更だけだったのであからさまにメーターは違う感覚でしたが今回は
自分の感覚と合っていました。
サーキット走行ではスピードメーターの表示は必要ないかもしれませんが、スプロケットの設定には
役に立ちます。
それと先日行ったモーターショーでの一コマです。

画像

8耐の優勝マシーンが展示してありました。鈴鹿サーキットの車検合格ステッカーも貼ってあったので
きっと本物です。
タイヤ交換を楽にするためでしょうか、10万円以上するFフェンダーを惜しげもなくカットしていました。{%ビックリ(チカチカ)hdeco%}
さすがワークスチームはやることが違います。{%びっくり2webry%}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください